2011年03月02日

不安や緊張、ストレスによる不眠症で夜眠れない!

特に仕事や学校で明日、心配なことがあったり、周りとの人間関係がうまくいかない時に夜眠れなくなる方もおおいかもしれません。

病院で、睡眠導入剤をもらえば、即効眠れるものの多いです。

どうしても、眠れない方はお薬での対処も必要だと思います。

それと、サプリメントでも、不眠症用の方のものもあります。

管理人は、そういった強いストレスで眠れない時に愛用しているのが、DHCの、【ゆったり】というサプリメントです。

当然、睡眠導入剤のような即効性はありませんが、これを飲まないのと飲んだのでは、ベッドに入ってから眠るまでの時間がかなり短縮された気がします。

成分を見てみると、リラックス効果のあるテアニン、鎮静効果があるバレリアン、いらいらを抑えるカルシウム、そして、鬱や落ち込んだ気分を明るくしてくれるセントジョーンズワートが、少量づつ配合されています。

気休めかもしれませんが、管理人の場合には効果がありました。
posted by 睡眠障害克服 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 過眠

2008年09月03日

管理人の不眠症体験

学生時代は不眠症のような状態になったことがあります。

きっかけは日本の大学特有の長い夏休みや春休みの生活習慣の乱れからです。

長期の休みには、深夜バイトをしていましたので、昼夜が逆転した生活を送っていました。

いざ学校がはじまり夜眠ろうと思ってもまったく眠れません。

対内時計がくるってしまったんですね。

ですが、この睡眠障害はある本に書いてあったことを実践した結果、解消することができました。

それは、朝、早く起きて、外を30分程度の散歩をするというものです。

効果とすると、朝起きて太陽の光を浴びることによって、対内時計がリセットされるそうです。

そして、軽いウォーキングが対内の血行をよくしてくれ、体調もみるみるよくなっていきました。

そして、夜、お風呂はぬるめのお湯で長くつかるようにして、すぐにベッドに入ることを心がけました。

これだけで、ほんと全然違います。

とくに自律神経失調症や、うつ傾向の方には、効く方法のようですよ。

人間は朝、起きて夜寝るという遺伝子のようなものを持っているのおで、これを崩すことは、かなり体に悪いです。

ぜひ正しい生活習慣とともに、朝の散歩と夜、寝る前のストレッチを取り入れてみてくださいね。
posted by 睡眠障害克服 at 12:48| 不眠症

2008年02月26日

時差ボケの症状など

テレビなどでも時差ボケという言葉は頻繁に登場しますよね。

時差ぼけのメカニズムについてみていくことにしましょう。

時差ぼけは、2つ以上のタイムゾーン(時間帯)を短時間のうちに移動することで、人間の睡眠サイクルが狂いおこる状態です。

人間には体内時計がありますが、この体内時計が、出発地点の時間で、到着した海外などではまったく時間が違うため脳に混乱が生じた結果、現地時間にすぐには適応できない状態です。

このぼーっとしている状態が「時差ぼけ」と呼ばれるもので、急性の睡眠障害の一種と位置づけられています。

さらに、人間は臓器に独自の体内時計をもっています。

体内時計が乱れると、バイオリズムが不安定となってしまい睡眠のリズムがどんどん狂っていきます。

こういった状態になりますと、、胃腸の調子が悪くなったり食欲不振になったりするなど、体に変調をきたします。

次に時差ボケの症状を見て行きましょう。

ひとつめに現地では、夜、寝付けなくなったりします。

もし、眠れたとしても、睡眠のサイクルは乱れている状態です。
朝まで熟睡することが困難になります。
昼間も集中力が低下した状態が続いたりします。
また、体調不良におちいりやすくなります

時差ぼけがひどくなるパターンは飛行機でタイムゾーン(時間帯)を多く横断するなどです。

子供は比較的時差ぼけにならないようです。

年齢を重ねるにしたがって、時差ぼけの症状がひどくなる傾向にあるようです。

時差ぼけになりやすいのは、不規則な生活を日々、続けている人などです。

健康で規則正しい生活している人などは、時差ぼけになりにくくかったりなったとしても、症状が軽くすむことが多いようです。
posted by 睡眠障害克服 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 時差ぼけ